飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

雪焼け対策!スキーやスノボなど雪山で日焼けを防ぐのにおススメの日焼け止めアイテム。

ski girl!


 寒いからって、意外と油断しがちなのが、スキーやスノボでの日焼け対策!

ふと気付いた時には、鼻の頭が真っ赤な「トナカイさん♪」になってたり、くっきりゴーグル焼けしていたりしますね。

 雪の表面の反射光はかなり強烈です。海面からの照り返しよりも強烈と言われていて、「雪目」という症状もありますよね。

 雪山登山やスキーの後に、6~10時間して目の角膜が炎症を起こしてしまうものです。視力を低下させないためにも、絶対に目はプロテクトした方がいいですよ。

 けっこう、何もかけないで滑ってしまう人も多いとは思いますが・・汗

 今回は、そんな雪山での強烈な紫外線から身を守るグッズなどを紹介します。

 

 

フェイスマスク兼ネックウォーマー

 たまにスキー場で、本格的なマスクして滑降してくる人いますね。

「スターウォーズのカイロ・レンか!??」みたいに、ちょっとダースベーダーを思い浮かべてしまって、ギョッとしてしまうことも。

 

 でもあれ、日焼け対策的には、とても正しいんです。

 そして、呼吸も苦しくないように作ってあるので、ダースベーダー感が出てしまうわけです。

 一人で滑っている分にはいいですけど、友達や恋人と行く時には、あまり本格的なマスクだと可愛くない!という場合もあります。

 そんな時おススメなのが、カリフォルニアのブランド、”wrong gear"の、フェイスマスク兼ネックウォーマーです。

 


 

ビビッドカラーが雪にも映えそう!こんなに可愛いのに、口と鼻を覆う部分は、ちゃんとメッシュ素材になっています。

 だから息苦しくない!スカーフみたいに綺麗でお洒落な4色が揃っています。これなら、付けていても恥ずかしくなく紫外線対策できますし、

 皆で集合して話している時には、口元からは外せば、普段通り。

 なかなか良い感じなのではと思います。

 スキーやスノボを、かなりの頻度でやるってお肩も、蓄積の紫外線ダメージは結構あると思うので、肌の若々しさを保つためにも、顔は覆っておくのをおススメします!

 肌の老化の8割は、紫外線ダメージという説もありますので・・・。

 

 また、ネタ用としては、以下のようなマスクも売っています・・汗(;^ω^)

好きな女の子を笑わせて気を引きたいという男の子や(??)皆でかぶって、

ちょっと面白いアニマルスノボ軍団などを演出した人にはいいですね。

 


 

 ライオン、パグ、スコティッシュフォールドに、猫ちゃんなど、色々な模様があるようです。

 

スキー用ゴーグル

  目が「雪目」にならずとも、スキーやスノボの後には、目がシパシパしたり、チカチカしたりすることは多いと思います。

 炎症まで起こさなくても、やはりダメージは受けてしまっているわけですね。なので、ゴーグルは必須です。

 レンズは、オレンジ・ピンク系が、晴天・曇り、ナイターなど、すべての天候に対応していますので、最初に買うゴーグルとしては使いやすいです。

 また、UVカット率も、出来る限り高いもの、100%に近いものを選びましょう。

そんな条件を満たしているゴーグルの一つが、これ。


 

  • 眼鏡をかけていても、その上からさらにかけられる。
  • 偏光レンズなので、スキー斜面の凹凸が見分けやすい。
  • ヘルメットの上から装着可能で安全!
  • レンズが二重構造なので、冷たい外気を遮断できる。
  • 肌に触れる部分はソフトなトリコットで、お化粧も落ちにくい。

 

 などなど、便利機能が揃ってます!

 

スポーツ用防水日焼け止め

 運動して汗をかいていると、日焼け止めは、次第に落ちていってしまいます。

なので効果もどんどん薄れていってしまい、気づいたらウッカリ日焼け。。。なんていうのもありがちですね。

 またフェイスマスクやゴーグルと擦れて落ちていきもしますので、日焼け止めは、なるべく細めに塗り直すようにしましょう。

 


 

 ただ、強い日焼け止めだと、これまた目がシパシパ染みたり、肌がゴワゴワしたりすることもありますね。

 敏感肌、敏感アイな方でも、使えて、しかも強力な日焼け止めというと、「アスリートエックス」があります。

 アルコールも入っていない、それに肌に負担のかかる紫外線吸収剤やパラベンなども入っていません!

 無香料で、変な匂いがついていないのも良いところ。

 そのくせ、SPFは40、PAは+++と、強力です。

ちなみにSPFは、UV-B(肌の浅い部分を、短時間でヒリヒリさせる紫外線)を防ぐ能力、PAは、UV-A(肌の深いところまで届いて、長期的に見てシミやシワの原因となるUV。夏も冬も変わらない量が降り注いでいる)に対する防御力になってます。

 

雪焼けによる、目へのダメージを軽減するサプリメント

 そして、ともかくもやはり、目は守りたいもの。

予防的に、ルテインサプリメントを飲んでおくと、ちょっと安心できます。

ルテインは、瞳に分布するオレンジ色の色素。

 抗酸化作用があって、紫外線などの光ダメージから目を守る役目を持っています。

視力サポートサプリとして、有名な成分ですよね。

 パソコン作業をするときなどに、飲む人は多いかもしれませんが、

それ以上に光を浴びる、スキーやスノボ旅行の時にも、飲んでおくと心強いです。

 


 

 吸収されやすい、フリー体なルテインを配合。

しかも20mgも!

これは他のルテインサプリに比べて、かなり高配合です。

原材料も、

◆サフラワー(ベニバナ)オイル、ソフトジェルカプセル(ゼラチン、グリセリン)、イエローミツロウ、大豆レシチン

 ということで、変なものが入っていないのも良いです。

 

まとめ

 こんなわけで、スキーやスノボの時の日焼け対策についてまとめてみました!

冬スポーツの時は、着込んでいるので、体に日焼け止めを塗らなくても大丈夫ですが、ともかく、目や顔に飛んでくる光は強烈です。

 きちんと対策しておいた方が良いですね。

 真っ赤なお鼻や目になってしまっては大変。

 安心して思い切り遊ぶためにも、紫外線対策は、しっかりしておきたいですね。

スポンサードリンク