飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

マイナーな「飲む日焼け止め」ってどうなんだろう?効果を調べた結果【PABA、サンプロテクト、ビリジアン】

Holidays

 「飲む日焼け止め」は色々種類が出ています。よく雑誌やテレビで見るものには「インナーパラソル」「ホワイトヴェール」「ヘリオケア」等がありますが、それ以外にも様々発売されています。

 当サイトでは「インナーパラソル16200」が一押しですが、このたびマイナーな「飲む日焼け止め」についても成分や効果について調べてみました。

 

 

PABAの効果とは?

 

 カントリーライフ社の発売しているサプリ、PABAタイムリリース。

 他の「飲む日焼け止め」に比べて大幅に安いのが特徴です。

なぜかといえば、使っている成分が全然異なるからでしょう。

 

「パラアミノ安息香酸」というものをメインの美容成分にしています。

 この成分は、紫外線が皮膚を通して侵入してくるのをブロックする働きがあるといわれていて、そのため「飲む日焼け止め」の一種としてもみなされているわけです。

 また、日焼け止め以外にも、細胞を活性化させて、お肌にもみずみずしさやハリを取り戻させる効果が期待できます。

 主な効果は次のとおり。

  • 日焼け止め
  • 肌を潤す
  • 貧血改善
  • 白髪予防
  • 腸内の善玉菌を増やす

「パラアミノ安息香酸」とは何か

 なんか名前が名前なだけに、化学物質??みたいな気がしてしまいますが、実は天然に存在する成分で、色々な食べ物に含まれています。特に

  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • 玉子
  • ほうれん草
  • レバー
  • 玄米
  • 胚芽パン

 などに多く含まれています。

 

 ビタミンBの仲間として考えられていて、造血作用を持つ葉酸や、タンパク質が体内で合成されるときに必要な成分です。このため、貧血や美肌に効果があるとされています。

 また白髪改善効果もあるといわれていますが、そのメカニズムについてはハッキリ分かっていません。副作用としては、一日8g以上摂取すると吐き気を引き起こすようです。

PABAの成分

1粒あたり: 
カルシウム72mg、パラアミノ安息香酸(PABA)500mg、ゼラチン、ステアリン酸マグネシウム、シリカ、ステアリン酸(植物由来)

NOnGMO(遺伝子組み換え食品不使用)です。

 

まとめ

 PABAは、「飲む日焼け止め」というよりは、PABAの色んな効能の一つに、お肌を紫外線から強くする、というものが含まれるもので、UVブロックに特化した成分ではないように見受けられました。

 なので、紫外線対策を重視するのであれば、それほどPABAを選ぶ必然性はないかもです・・・。卵や玄米を、そこそこしっかり食べていればいいかな?という気もします。

 

サンプロテクトの効果とは?

f:id:honeybushtea:20170218131248j:plain

  サンプロテクトは、皮膚科や美容クリニック専売のサプリメント。

 ピンク色のラベルで、日本製です。

 

 効果としては、紫外線に対する防御力よりは、肌の修復力を強めることに焦点が当てられています。

 

「サンプロテクト」の成分

  • Bカロテン
  • リコペン
  • 亜麻仁油
  • 還元型コエンザイムQ10
  • 酵母エキス末(グルタチオン配合)
  • ミツロウ
  • 大豆レシチン

 含まれている成分の効果を確認してみます☆

まず、ベータカロチンは、南瓜や人参などに含まれる色素で、目や皮膚を紫外線によるダメージから保護する作用があります。

 そして、ビタミンAの材料になりますから、ゆくゆくは視力の改善などの作用も期待できます。抗酸化作用があるアンチエイジング成分です。

 

 リコペンは、トマトなどにふくまれている赤い色素。これも抗酸化作用を持っていて、メラニンの生成を抑制する美白効果でも知られています。

 

 亜麻仁油は、オメガ3脂肪酸が含まれているので注目のヘルシーな油。血液をサラサラにしたり、肌にうるおいをもたらします。

 

 還元型コエンザイムQ10 は、人の体内にあるミトコンドリアが、食物から吸収した栄養分をエネルギーに変える時に必要な成分。20歳頃から加齢とともに減少していきます。

 代謝を良くするため脂肪燃焼などダイエットにも効果的といわれます。

 グルタチオンは、抗酸化作用と、デトックス(毒素排出)効果を持っています。

 

まとめ

 こうしてみると「サンプロテクト」はやはり、紫外線防御に特化しているというよりは、総合的に健康に良さそうなサプリといえます・・。

 若返り効果があるといわれ、コスメなどにもよく使用されているコエンザイムQ10も配合されていますので、クリニックでご自分のお肌の状況改善に良さそうと、お医者さんにすすめられたら飲んでも良さそうです。

 特に危険な成分も入っていません。

 ただ「飲む日焼け止め」としては、これ単体だとちょっと心細いかな、という結論です。日焼け対策としては、姉妹品のユーブロックと一緒にとることが推奨されているようでした。

 価格は30日分で5,000円です。

 

ビリジアンの効果は?

 

f:id:honeybushtea:20170315171818j:plain

 イギリスの自然派サプリメント会社が出した、オーガニックの「飲む日焼け止め」です。

 有効成分は植物成分グリソディン、そしてアスタキサンチンやグレープシードエキスなども入っています。

 はてグリソディンとはまた聞きなれない名前のものが出てきました。どんな働きがあるのでしょうか。

 

グリソディンの効果効能とは

 グリソディンは、フランス産のメロン由来の成分でした🍈

ヴァークルシアン種のこのメロンは、なかなか劣化しないことで有名で、その秘密が研究されてみると、抗酸化作用の強い酵素を多く含んでいるからだったのでした。

 この酵素を小麦タンパクでくるんだのが、グリソディンです。

 人の体内では食事や運動、紫外線など様々な刺激から活性酸素が出来てしまいます。

この活性酸素は、細胞を傷つけて、老化や体調不良の原因となってしまうわけです。

 

 けれどもちろん、人間の体内にも、この活性酸素を打ち消すことのできる酵素がそなわっています。しかし、30歳を過ぎると減少していってしまい、老化につながります。

 

 グリソディンは、この抗酸化酵素を生み出してくれるのに役立つんです。そして活性酸素を消去もしてくれます。

 そんなわけで、関節炎やアレルギー予防、脳機能の改善など、さまざまなメリットが報告されています。60日間グリソディンを飲み続けた被験者が紫外線を浴びたとき、炎症が相当に抑えられたという結果も出ています。

 

まとめ

 グリソディン、知らなかったです・・。傷みにくいけど不味いメロンから発見された成分とのこと。

 こうしてみると、まだマイナーですがこの先もっと色々な効果が分かって来る期待の成分にも思えます。

 興味のある方は、試してみてもいいかもしれませんね。ただこのビリジアン、前は楽天でも売っていたのですが、現在は取り扱いしているお店がなさそうです・・・。

 

けれど、オーガニックにこだわらなければメロン成分「グリソディン」サプリは色々売っていました。

おわりに

 調べてみると、色々植物由来の体に良さそうな成分が出ていて勉強になりました。

しかしやはり、今のところは当サイトのおすすめは「メディパラソル」です。

 理由は、なんといってもお値段が安い上に成分が良いことです。

 コスパ具合といえば、初回990円、二回目以降も2,000円代という激安さです。

しかも、日焼け止め効果が実証されている「Nutrox Sun」も100㎎と豊富です!