飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

オーガニックの飲む日焼け止めはあるか!?

 飲む日焼け止めが、昨年より日本でも大ブレイクしてます。

 そのほとんどが、天然由来成分を使っているのも、安心なポイント。

 でも、できたら、その中でもやっぱり有機栽培・オーガニックで作られたものがあれば・・・!

 と思う、自然派な皆さんも多いのではないでしょうか。

 そこで、オーガニックの原料で作られたものがないのか、探してみました。

 

 

完璧にオーガニックな飲む日焼け止めは「ビリジアン」

f:id:honeybushtea:20170315171818j:plain

 

英国のナチュラルサプリメント・カンパニーである「ビリジアン」が出している、「S.P.F]という名前の飲む日焼け止めです。

 ビリジアンさんの、モットーはけっこうしっかりしてて、

  • 遺伝子組み換え不使用、
  • 放射線照射作物不使用
  • 人工添加物、砂糖、合成着色料不使用
  • 動物実験していないもの

 と、環境や生物に配慮した製品づくりをされてますね・・!

原材料は?

Astaxanthin 2mg
Superoxide Dismutase 125mg
Natural beta-carotene/carotenoid mix (D.Salina) providing:Beta carotene 5mg/Cryptoxanthin 39ug/Alpha carotene 158ug/Zeaxanthin 32ug/Lutein 25ug 5mg
Grape Seed Extract (95% OPC) 50mg

 

中身を見てみますと、上の感じで

  • アスタキサンチン・・・2mg
  • スーパーオキシド・ディスミュターゼ・・・125mg
  • ベータカロチン、カロチノイド、ルテインなど・・・5mg
  • グレープシード抽出物・・・50mg

が配合されています。

「アスタキサンチン」「カロチン」などはよく耳にしますが「スーパーオキシド・・なんとやら」ってのは、あまり聞かないですね。

 この「すーぱーおきしど でぃすみゅたーぜ・・」略して「SOD」というのは、

体を錆びさせてしまう活性酸素を取り除いてくれる強力な酵素だそうです。

 で、ビリジアンの飲む日焼け止めの場合、「グリソディン」というSODを使ってます。

 

グリソディンは、メロンの成分♪

Melon découpé

 グリソディンは、フランスで発見されたメロンのエキスでした🍈

この特別なメロンは、なぜかなかなか傷まないで、ピチピチの状態を長く保つ。。。という品種だったのです。

 その理由を調べてみると、抗酸化作用が抜群の酵素をたっぷり含んでいた、ということです。

 この酵素を小麦タンパクでくるんだのが、グリソディンです。

 

 私たちの体の中では、運動したり、紫外線を浴びたり、食べ物を取るなどの過程で、いつも活性酸素が生まれてしまっています。

 この活性酸素、適量ならば、害のある侵入物を撃退するのにも使われるのですが、

多いと体の細胞まで傷つけてしまって、

老化や身体器官の劣化につながってしまうんですよ・・。

 

実は、日焼けした時にも、お肌の中で活性酸素が生まれて、

これが細胞を傷つけてしまうため、赤くなったり、あとからシミやシワになってしまうのです。

グリソディンは、活性酸素を退治することで、こういうダメージを防いでくれるというわけ。

 

現在「ビリジアン」は売り切れ状態・・・

 ビリジアンは楽天に売ってませんでした。

 そして、アマゾンでも、現在在庫切れになってます。もう何ヶ月もこの状態なので、次にいつ入荷されるのかは謎です・・・。

 

どうしても、こちらの商品を入手したい方は、アマゾンで「ほしいものリスト」に、

ポチっと入れておくと良いかもしれませんね。

 

ただ、これにこだわらなければ、ヨーロッパの柑橘などの植物を使用した「飲む日焼け止め」も安全性は高そうです。

なぜかというと、実はEUの農薬使用基準は、日本よりもだいぶ厳しいんですよー。

 

ヨーロッパの原料を使った飲む日焼け止め

f:id:honeybushtea:20170325141218j:plain

 実は、日本は農薬の使用基準値が甘いことで有名です。

特に、毒性の高いネオニコチノイド形の農薬は、

例えばキュウリを例にあげると、日本2ppmのところ、EUは、0.02pp、と、なんと100倍もゆるいんです・・ッ!

ブロッコリーは50倍、茶葉71倍など、、、ともかく数十倍も農薬基準がゆるいです。

 

 そんなわけで、そもそも基準値が違うため、ヨーロッパの野菜や果物は、

オーガニックでなくても、日本の農産物よりだいぶ安全なんです。。

とほほ・・・。

 

そして、日本で発売している「飲む日焼け止め」のメイン成分は

ほとんどがヨーロッパ産の日焼け止め成分を使用しています。

 

100%植物性カプセルで、コスパがもいいのは、コレ!

f:id:honeybushtea:20170419162201j:plain

 数ある「飲む日焼け止め」の中でも、100%ベジカプセル、しかも安価なのは

「メディパラソル」っていうサプリです。

 だいたい市販のサプリは、カプセルに牛や豚などから作られた、「ゼラチン」を使っています。

このため、これらの動物にアレルギーのある方やベジタリアンの方には向いてません。

 「メディパラソル」は、

ゼラチンのかわりに、植物性セルロースでカプセルを作っています。

 そして中身の成分もすべて植物性なので、安心です。

 

  • イタリアのシチリア半島から、レッドオレンジエキス
  • フランスから、オリーブ果実ポリフェノール
  • スペインから、ざくろエキス
  • イスラエルから、高濃度リコピントマトエキス

を取り寄せています。

 

地中海エリアというのは、海を挟んで、中東やアフリカに面している地域ですので

太陽光線が強烈なことで有名です。

 このギラギラの太陽に負けないように、

植物たちは、自分のなかに、活性酸素から身を守る成分をつくりだして

自衛してきたというわけです!

 このエリアには健康にいいことで有名な果物がたくさんあるのは、こういう気候の影響もあるのでしょうね。

 

「メディパラソル」はキャンペーン価格でお得!

いま、この「メディパラソル」はお得にかえるお試しキャンペーンを開催中です。

 初回初回990円、二回目以降も2,000円代。

そして、一袋で一ヶ月持ちます。

 

気軽に試せる価格なので、「飲む日焼け止め」が本当に効き目あるのか、体験してみたい、という方にもおすすめできます。

 ともかく、お肌の老化の80パーセントは光りによる老化といわれています。

 

・・・たしかに、テレビのドキュメントなどで、アンデスの農民のお母さんなど見ると

だいぶ実年齢よりも年上に見えますよね。

 高地では、紫外線が強くて、また日中ずっと日差しに当たっていると、やはり

お肌へのダメージは大きいのでしょう。

 いつまでも若々しさを維持したいと思ったら、紫外線対策はぜったい鍵になりますよねーー。

 なので、気軽に試せるこの価格設定は嬉しいです。

 私はゼラチンが若干ニガテなので、個人的には植物性100%というところも嬉しいポイントです。

詳細は公式ホームページをご覧ください。