飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

飲む日焼け止めで、ギョ!白髪になるの!?システインが入っていなければ胡麻塩部分が増える心配なし。

Untitled

 最新の日焼け対策として期待大の「飲む日焼け止め」。でもそういえば、シミ対策サプリとか、「白髪が増える」!って言いますね。実際どうなんでしょう。調べてみました。

 確かに、日焼けが手軽に防げるようになるのはいいけれど、髪が白くなってしまったら、逆にもっと老け見えになっちゃったりするかも??

 そんな事態は避けたいものです・・・。

 なのですが、ズバリ、「白髪」の原因としては、「L-システイン」という物質にあったのです。

 

 

美白サプリで白髪になるのは、L-システインの作用

 一夜にして真っ白!などと強烈な作用を発揮するわけではないですので、ご安心ください。けれど、微妙に白髪を増やしてしまう可能性があるのは、L-システインまたは、L-シスチンという成分になります。

 タンパク質由来のこの成分なのですが、働きとしてはメラニン色素を抑えます。メラニン色素といえば、人間の皮膚や瞳、髪の色を司っている色素。

 白人さんは、色素が薄いので目がブルー、髪が金、黒人さんは肌や目が黒くなります。黄色人種である日本人は、その中間の多さ。

 メラニンを作る働きが弱ると、白髪が増えてしまうということですね。

 

 ハイチオールなど、有名なシミ対策サプリには、主要成分として、このL-システインが入っています。皮膚の代謝を改善するとともに、メラニン色素ができるのを抑えてくれて、シミを予防するといわれています。

 でももちろん、肌のメラニンだけでなく、髪のメラニンにも作用しますので、多少白髪が増えてしまっても、おかしくはありません。

 白髪を減らしたい、急にゴマ塩頭になってきて困っている・・・などの方は、控えた方が無難かもしれませんね。

 それでは、「飲む日焼け止め」は白髪を増やすのでしょうか?

 

「飲む日焼け止め」には白髪を増やす成分は大抵入っていない

 「飲む日焼け止め」の中にも、「L-システイン」を配合しているものは存在します。けれど、ごく一部なので、大抵の場合、白髪を増やす成分は入っていません。

 なぜかというと、飲む日焼け止めは、「活性酸素を抑える」ことで日焼けのダメージから肌を守っているからなんです。

 L-システインみたいに「メラニン色素自体の分泌を、直接に抑制する」というわけではないのです。

 

「飲む日焼け止め」のメカニズムは?

f:id:honeybushtea:20170325141218j:plain

 「飲む日焼け止め」は植物由来の、抗酸化成分を豊富に含んでいます。どんな植物かというと、代表的なものが、例えばローズマリー、柑橘エキス、トマトリコピン、などです。

 テレビで「トマトジュースで美白」というような番組を見たことはありませんか?

 これも、植物エキスの力使ったものだったんです。

 

 果実や植物は、特に、強い太陽光線の下で育つ時、紫外線から身を守るために、自分たちの中に「抗酸化物質」を作り出します。

 文字通り、「酸化に対抗する」物質です。

 これが、植物にとって、天然の日焼け止めとなっているわけです。

 

 というのは、実は日焼けによるダメージというのは、「酸化」から引き起こされていたのです。

 紫外線が皮膚の中に入ってくると、そこで活性酸素が生まれます。

 この活性酸素は、動き回って細胞にダメージを与えてしまうのです。

 そこで、炎症が起きて、あの日焼け特有の赤みやピリピリ感が出てきます。

 

 さらに、皮膚の奥まで届けば、お肌の弾力を司る組織にダメージを与えて、シワやたるみの原因になってしまったり、またメラニン色素を作る組織が傷つけば、過剰にメラニンが作り出されてしまうようになります。

 

 なので、酸化を防ぐのは、とっても大事なんです。

 

 ですので、メラニン色素を直接抑えこむのではなく、あくまで紫外線によるダメージを軽減する、という点が「飲む日焼け止め」のポイントなのです。

 

L-システインの入っていない飲む日焼け止めをチョイス!

 そんなわけで、白髪を増やしてしまう可能性が少しある「L-システイン」「L-シスチン」を含んでいない飲む日焼け止めを探しました。

 その前に・・・ちょっと、「飲む日焼け止め」を使って良かった点を簡単にまとめます。

 

「飲む日焼け止め」の便利な点

 「飲む日焼け止め」を実際に利用してみて、一番良かったのは次のことでした。

 

全身お手軽に日焼けケアができる

  日焼け止めクリームは、顔を主に塗って、腕と手に付けるくらいになっていました。そこで、首筋や耳たぶは、ケアがおろそかになってしまっていたのです。

 顎の下なども、地面からの反射光や西日は容赦なく当たるので、気になっていたんですよね。でもついつい・・・

 「飲む日焼け止め」だと、こういう油断しちゃっているパーツについても紫外線から守ってくれるので、安心感があります。

おすすめは、塗る日焼け止めと併用することで、ダブルの防御力でUVからお肌を守ることです☆

 

部屋の中でも、紫外線ケアができる

 なかなか、朝起きてすぐに日焼け止めを塗る方は少ないと思います。

 でも実は、UV-Aはカーテンやガラスも突き抜けて部屋の中に入ってきていますので、特に日差しの強い季節は、対策するにこしたことはないんですよね・・・。

 ゴミ出しや洗濯物干しの時にも、ちょこちょこ日を浴びてしまいますし。

 

 そして、実はパソコンやスマホの画面から放出されているブルーライトにも、日焼けの作用があることが最近いわれています。

 特に私は、最近スマホを眺めている時間が長かったので、少し気になっていました。

 こういう室内にいる時の、うっかり日焼けについてもケアできるのは、買って良かった点です。

 さて、それでは、次に、「L-システイン」は入っていないので白髪の心配はない、飲む日焼け止めをご紹介します。

お手頃なのは「メディパラソル」。

 メディパラソルは、地中海沿岸から運ばれてきた、4つの植物エキスを使った日焼け止めサプリです。

  1. 南イタリアのレッド・オレンジ
  2. 南フランスのオリーブ
  3. スペインのざくろ
  4. イスラエルの濃厚トマト

 地中海は日差しが強いことで有名な地域。

また長寿を生み出す「地中海食」も有名ですね。この地域の人々は、この明るい土地で育まれた、抗酸化成分が豊富な食事をとることで、長生きしていると言われています。

 オリーブも、トマトも、レッド・オレンジも、この地域で有名な食材です。どれにも。フラバノンやリコピンなどのポリフェノール(抗酸化成分)たっぷり。

 

 植物の持つ抗酸化作用には、日焼けダメージを防ぐだけでなく、アンチ・エイジング効果も期待できちゃいます。

 お肌が老ける原因の8割は、日焼けによるものといわれているんですよ。

 例えば、アンデス山脈の高地で、毎日太陽を浴びて生活する農村の人々・・・。時々、テレビなどのドキュメンタリー番組に登場しますが、彼らは、同じアジア系民族なのに、日本人よりも老けて見えますよね。

 高地は、太陽に近い分、紫外線が強いんです。そして毎日、日向で暮らす・・。大自然の中のこうした暮らしには良いところも沢山あると思いますが、お肌には良くないことが分かります。

 

 メディパラソルは、web限定キャンペーンから購入すると、初回990円、二回目からも2000円代と、「飲む日焼け止め」としては破格です

 「飲む日焼け止めってどんなものなの?試してみたい」という方でも気軽に購入できてしまうところが良いですね。

 

  • メディパラソルのお試しはこちら

 

 日焼け止めの他に、美肌もキープしたいなら「雪肌ドロップ」

 一方、「雪肌ドロップ」は、その分、お値段が高いですが、プルプルお肌を維持するための成分も入っているので、総合的に美肌効果があります。

 どんな成分が入っているか見てみましょう。

 

ニュートロックスサン

 ローズマリーと未完熟の柑橘エキスをミックスした特許成分。

スペインのミュゲル大学の生物学者の教授と、民間の研究チームが効果を実証した成分です。

 飲み続けることで、お肌の紫外線防御力が上がることが分かりました。

 

コラーゲン+ビタミンC誘導体

 そして、プルプルの弾力あるお肌を維持してくれる成分がこの二つ。

コラーゲンペプチドとビタミンC誘導体。お肌の潤いを保つのに役立ちます。

 

他にも色々、豪華に詰め込まれている!

 この他、紫外線から目を守ってくれるルテインや、混合ハーブエキス、ビタミンEなど、お肌にも体にも良さそうな植物成分が贅沢に凝縮されています。

 お財布に余裕のある方は、こちらも良いですね。