読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

ゲ!近赤外線でも日焼けする?近赤外線もブロックできるおススメの日焼け止めを探しまくった。

New Dresses

 日焼けと言えば、紫外線UVカットといえば、Ultra Violet Ray…略してUVをカットするというのが常識でした。

・・・ところが最近の研究では、パソコンやスマホなどから放出されるブルーライト、さらに「近赤外線」なるものまで、お肌にダメージを与えることが分かってきたんです・・・。

 近赤外線とは一体何?そしてこれを防ぐにはどうしたらいい?

 近赤外線もブロックできる日焼け止めを探しました。

 

 

近赤外線とは一体何?

 「近赤外線」とは、太陽光線の中に含まれる、目には見えない光線です。

人の目に赤く見えるわけではありません。

太陽光線の中には、実は何種類か違った種類があります。

 

  • 紫外線(290~400ナノメートル)
  • 可視光線(400~760ナノメートル)
  • 赤外線(760ナノメートル~4000ナノメートル)

 ※()の中は波長の長さです。可視光線を挟んで波長が短いのが紫外線、長いのが赤外線です。

 

 私たち人間のお肌に到達する太陽エネルギーの54%を占めるのが赤外線で、紫外線は7パーセントにすぎません。

 赤外線はほとんどが太陽から来ていますが、現代社会では人工の赤外線源も増えています。身近なものとしては、微量ですがテレビやパソコンモニター、照明器具や、こたつなどからも放射されています。

 枕元の電球をつけっぱなしにして寝てしまうのは、お肌に良くないかもしれませんね汗

 

近赤外線は、お肌にどんなダメージを与えるのか?

f:id:honeybushtea:20170218131248j:plain

 近赤外線は、お肌の奥、真皮の細胞外基質に存在している、コラーゲンの状態を変えてしまいます。コラーゲンを劣化させる酵素を多く分泌させ、またコラーゲンそのものも劣化させてしまうのです。

 ポーラ研究所が行った実験によると、近赤外線照射後の皮膚では、肌の弾力を守るエラスチンやコラーゲン、繊維芽細胞が縮んだり、分解、切断されたりなどしていました。

 また、海外の研究でも、抗酸化物質を減らしたり、ミトコンドリアの中に活性酸素を導いてしまったり、シワを促進したり・・・という報告がされています・・。

 

 ただ、毒も薄めれば薬になるというのか。あくまでも弱いレベルの近赤外線を照射することによって、刺激でコラーゲンが生成されるという報告もされています。

 エステなどでの赤外線照射は、この原理を応用したものでしょう。

 

近赤外線も防げるおススメの日焼け止めをピックアップ☆ 

 これまでの日焼け止めでは、近赤外線については、あまり考慮に入れられてきませんでした。最近になって、近赤外線も防御できるものが登場してきました。

 近赤外線は、お肌に当たる太陽エネルギーの半分以上を占めます。日焼け止めクリームを塗るなら、紫外線と一緒にこちらも対策できれば一番ですね。

 いくつかご紹介します。

 

ポーラ BAプロテクター

 

f:id:honeybushtea:20170414104441j:plain

日中用の、エイジングケアクリームと、日焼け止めが一緒になった一本。

SPF50、PA++++と、防御力は最大値で、UVに加えて、近赤外線もカットしてくれます。

 ジェルが渇きやすい角質に水分を補給してくれて、お肌の潤いを保ちます。そしてクリーム成分が、しっかりお肌を日焼けから守ります。

 

ポーラ BAプロテクターの成分 

水、BG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、グリセリン、水添ポリイソブテン、オリーブ油、ベヘニルアルコール、ワセリン、硫酸Ba、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ヒドロキシアルキル(C16-18)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、水添ナタネ種子油、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ラウロイルリシン、イガイグリコーゲン、チョウジエキス、シャクヤクエキス、アルニカエキス、ヘチマエキス、レンゲソウエキス、イザヨイバラエキス、ゴレンシ葉エキス、マヨラナ葉エキス、加水分解コンキオリン、クララ根エキス、ヨモギエキス、スギナエキス、加水分解シルク、ステアリン酸、ベヘン酸、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、カルボマー、キサンタンガム、エタノール、水酸化K、ポリアクリル酸Na、トコフェロール、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-5、酸化チタン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ココグリセリル硫酸Na、水酸化Al、ミリスチン酸Mg、酸化亜鉛、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

  原材料は、上の通りです。色々な植物のエキスが使われているのが分かります。また高級なシルク成分は、ポーラ独自。シルクは人間の肌になじみやすいアミノ酸が豊富。お肌に栄養を与えてくれます。

 また、香りはフローラルウッディ―。しかも、フランス産、フェアトレードの原料を使っているということ☆

 ポーラBAプロテクターは、乾燥が気になる年頃になってきた方に良いと思います。

・・・でも正直、20代からしたら、ちょっと高いです。セレブな高級感あふれる化粧品といったとこでしょう。お値段は、2~3か月分で、11,880円になります。

 また、エタノールやパラベンも入っているので、敏感な方には気になるかもですね。

 

 

ドクターシーラボ UV&WHITEモイスチャーミルク

f:id:honeybushtea:20170414104455j:plain

 お肌をいたわってくれるドクターシーラボの日焼け止めラインナップ。

紫外線に加えて、近赤外線やブルーライトまでカットできるように進化してくれました。

 SPFは50+、PAは++++、最強レベルの防御力なのに、嬉しいのは、肌の優しさにも注意が行き届いていること。

  • 無着色
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • ノンアルコール
  • パラベンフリー

 なので、敏感肌の方でも安心して使えます。

お値段は、楽天で3,500円前後。3~4カ月持ちます。

さらにこのミルクタイプには、毛穴補正効果もあるんです。つければ毛穴を目立たなくしてくれます。

ドクターシーラボの日焼け止めには、他にも、水分補給に集中した乾燥肌用、赤ちゃんでも使えるほどマイルドな敏感肌用、コラーゲンやコエンザイムなど美容成分たっぷりで、お肌の老化をケアする年齢肌用、があります。

 肌コンディションに合わせて選べます。無添加、多機能なのに、お値段もお手頃なのは良いところです。

 

オルビス サンスクリーン

f:id:honeybushtea:20170414104520j:plain

 

 安くて嬉しいのは、オルビスの日焼け止め。

 近赤外線や、空気中のチリやホコリからも

SPF34、PA+++と、普段使いには十分な防御力があります。

パラベンは入ってますが、紫外線吸収剤はフリーで、肌ストレスを弱めています。

オルビス サンスクリーンの成分

【全成分表示】水、シクロペンタシロキサン、BG、酸化チタン、グリセリン、ベヘニルアルコール、シクロヘキサシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、水酸化Al、ジメチコン、ポリアクリル酸Na、含水シリカ、酸化亜鉛、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀、ステアロイルラクチレートNa、ローズマリーエキス、トコフェロール、トリメトキシシリルジメチコン、マイカ、酸化スズ、タルク、シリル化シリカ、(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー、ハイドロゲンジメチコン、キサンタンガム、酸化鉄、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、トリステアリン酸ポリグリセリル-10、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ココグリセリル硫酸Na、クエン酸、メチルパラベン、プロピルパラベン

 こうして原材料を見てみると、植物性美容成分としてはローズマリーエキスが入っていますが、それ以外はわりと人工成分が多いのは気になるところではあります・・・。

 そんなわけで、当サイトでは、近赤外線もケアできる日焼け止めの中では、ドクターシーラボのものをおすすめします!

 

 

送料無料ドクターシーラボ毛穴補正ができる日焼け止め。UV&WHITE モイスチャーミルク50+[日焼け止め乳液]汗・水に強いウォータープルーフ処方。

 

「飲む日焼け止め」で内側から肌を守ろう!

 紫外線や近赤外線に当たると、肌の中にフリーラジカル(活性酸素)が発生してしまい、これが皮膚の細胞を傷つけ、たるみやシワ、シミなどの老化の原因となります

 トマトジュースが美白効果を持つ、とか聞いたことはありませんか?最近では、植物の持つ抗酸化成分を摂取することで、内側からの、UV対策をする方法に注目が集まっています。

 そうして生まれたのが「飲む日焼け止め」。

 「ニュートロックスサン」という、ローズマリーと柑橘エキスを配合したものは、1回で24時間効果が持続するので、「塗る日焼け止め」と一緒に使うと安心です。

 耳たぶとか、おでことか、首の下とか、日焼け止めクリーム、塗り忘れてませんか??わたしは、面倒くさくて塗らないことがしょっちゅうです・・(汗)

 それに、朝起きて外出するまでや、帰宅して顔を洗ってから寝るまで、それに休日なんかは、まったくのすっぴんで無防備に過ごしてますが、実は紫外線は窓ガラスだって突き抜けて入ってきてますし、パソコン画面の光も皮膚への刺激にはなっていると思います・・・。

 気にしすぎ?といわれても、シミが多いので気になっちゃうんですよね~~。

 そんなわけで、最近は「飲む日焼け止め」も飲んでいます。美白効果があるパイナップル成分も入ってるタイプなので、効果を楽しみにしているところです・・・。

 三か月くらいで、防御力は最大になるとか。少しは色白になれるといいなーー。

   気になる方は、今から飲み始めて真夏に備えるのが断然おススメです☆

 

 おすすめの飲む日焼け止めや、メカニズムなどは以下の記事に詳しいです。

 

fullmoonhoso.net