飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

無添加の「飲む日焼け止め」を探したよ!体にやさしいおススメはどれ?

f:id:honeybushtea:20170302204918j:plain

 巷で話題の「飲む日焼け止め」!

ほとんどの商品が、植物性の天然成分を使っています。

でも、添加物などが含まれている商品もあります。ではどれが無添加か、探してみました!

 

 強い日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまうという敏感肌の方にも、「飲む日焼け止め」はいいですよね。

 低刺激性の日焼け止めでも「飲む日焼け止め」と併用すれば、内側と外側からお肌をプロテクトするので、安心感が違います。

 そしてアウトドア、海などの強烈紫外線にさらされるときももちろん、強力な日焼け止めクリームと、飲む日焼け止めを併用すれば心強い!です。

 なのですが、敏感な方は特に、色々「飲む日焼け止め」は出ていますが、無添加なものが安心できますね。

 

 

「ヘリオケア」は着色料や酸化チタンが入っている

 

f:id:honeybushtea:20170401142201j:plain

 まず、アメリカ大陸のシダ植物を使っているので有名な「ヘリオケア」ですが、

こちらを購入したところ、結構上の写真のようにド派手な色でしたーー。

 蜜柑並みのオレンジ色。

 そして、表示を見たら、合成着色料が3種類くらい使われていました・・・。

あと酸化チタンも着色に・・。

うーん、なぜこんなにも沢山入れる・・・。

西欧人は、やたらとド派手な色が好きですよねーー。

「ヘリオケア」のお客様ページには「せっかくの健康成分なのに、着色料で台無しだー、もう買わないーー」などというコメントもあったりして。

 たしかにナチュラル志向の消費者からは不評でしょう。

 

 そんなわけで、これはパス。

 

着色料(酸化チタン)が使われていない「飲む日焼け止め」は?

 さて、日本製の「飲む日焼け止め」については合成着色料はほとんど使われていません。

ただ、そのかわりに「酸化チタン」が添加されているものは、けっこう多いです。

これは、着色料の一種ですが、安全性については未確認な部分がありますので、ナチュラル志向の立場からすると、避けておきたいものです。

 

これが使われていないものとしては、

まず「やかないサプリ」があります。

 

「やかないサプリ」の原材料

f:id:honeybushtea:20170618141706j:plain

パーム油、ローズマリー抽出物、パイナップル果実抽出物、ポリポディウムロイコトモス、ゼラチン、ビタミンC、グリセリン、ヘスペリジン、ミツロウ 

 
 「やかないサプリ」は
  •  椰子油のカロテン、
  •  コウジ酸の56倍もの美白作用がある、パイナップルフィトール、
  •  水分を保持し、外部の刺激からお肌を守るパイナップルセラミド、
  •  シダ植物の日焼け止め成分「ポリポディウムロイコトモス」
  •  抗酸化作用のある「ローズマリー」エキス、
  •  美白作用のあるビタミンCと、それをサポートするヘスペリジン(柑橘由来)

 などが入っています。

着色料は使われていません。

「グリセリン」は保湿剤などとして添加されるもの。

多くは植物油脂、たまに石油から抽出されることもある成分。

毒性は弱く、お団子などの食品や化粧品によく使われています。

「ミツロウ」は、蜂の巣から、蜂蜜を取ったあとに残る、蜂が作った天然のワックスです。

 

 こんなわけで、「やかないサプリ」は、そんなに変なものは入っておらず、

安全性が高い「飲む日焼け止め」だといえます(^^♪

 

「美百花」の原材料

 

シトラス果実・ローズマリー葉エキス末、デキストリン、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)、 トマトパウダー(リコピン含有)、クチナシエキス、フィッシュコラーゲン、植物プラセンタ(メロン胎座抽出物)、ザクロ果汁、N-アセチルグルコサミン(エビ・カニ由来)、セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、着色料(マリーゴールド色素)、シスチン

 

「美百花」は「ニュートロックス・サン」という、ローズマリーと柑橘のエキスから作られた日焼け止め成分をメインに配合しています。

 さらに、美白作用で有名なトマトリコピンやクチナシエキス、美肌をもたらすコラーゲンも入っていて、お肌を総合的にケアできる本格派。

 ・・・で、肝心の添加物の有無ですが、

これも、特別疑わしいものは入っていないのが分かります。

「これは何だろう?」という成分としては、

「ステアリン酸Ca」「微粒酸化ケイ素」がありますね。

 

「ステアリン酸カルシウム」は、乳化剤として、つまり成分をよく混ぜるためにつかわれる成分です。

 日本では、昔から医療品の添加物として使われてきていて、特に毒性があるというデータはありません。お菓子などにも、よく使われていますね。ただ、特別に安全だというデータがあるわけでもなさそうです。

 

「微粒酸化ケイ素」とは、鉱物のシリカの一種で、食品が湿気を吸わないように添加されているものです。体に入っても、排出されるということで、それほど危険なものではなさそうです。

 

ちなみに「N-アセチルグルコサミン」とは、コラーゲンの元になる天然成分です。

 

 ・・・こんなわけで「美百花」も「ステアリン酸カルシウム」「微粒酸化ケイ素」が食品添加物といえますが、それほど危険性はなさそうです。

 それでも気になる方は、避けた方がいいかもしれません。

 

カプセルは動物性か、植物性か?

  この二つのうち、どちらおススメかというと、

「やかないサプリ」の方が、圧倒的にお値段は安いです。

なので、コスパを重視する方は、こちらが良いかも。

2,000円代で購入できちゃいます!↓

やかないサプリ

 

 そして、カプセルにはゼラチン(豚などから抽出されている)が使われていますので、もし植物性が良かったら、「美百花」がいいです。

 

「美百花」は、百パーセント植物性なところと、

日焼け止め成分で一番有名な「ニュートロックスサン」の他にも、

美白・保湿成分が入っているので、そうごうてきにお肌をケアできるところが良いところですね。

 その分、お値段は高くなりますけど、キャンペーン価格で買えば安くなりますので、

本格派日焼け止めサプリとしては、おすすめできます。

新感覚の日焼け止めサプリ【美百花-BIHYAKKA-】