飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

黄ぐすみを改善するサプリメントは?「飲む日焼け止め」で解消できる?【食べ物で対策!】

f:id:honeybushtea:20160531142824j:plain

 最近、実はシミよりも「老け見え度」が高いのでは、と巷で噂されているのが「黄ぐすみ」!!

 あー、年取るって悲しい‥。

 と、悲しんでいても仕方ないので・・((;^_^A

何か、対策はないのか調べました。

主に、日焼けや食べ物が関係しているというから、この二つについて対策すれば、なんとか改善できるのではないのか??

・・・と思った次第です。

 黄ぐすみに効果ありそうなサプリメントも発見しました!

 

 

そもそも、黄ぐすみとは、何なのさ??

 それは、感覚的には分かる気がします・・・。

なんか、若い頃よりも、顔色がどよよんと黄色くなってきた気がするもの。もともと顔色いい方じゃなかったんですが、ますます黄色人種感が増しているこのころ・・。

 たぶん、これが黄くすみ、なのでしょう。

 

  • 「黄ぐすみ」は、肌の奥のたんぱく質が変色すること! 

 肌が黄色にくすんでしまう原因は、肌の奥、真皮にあるタンパク質が黄色く濁ることで、透明感が失われてしまうことです。

 この黄くすみは、二つの原因から起こります。

 

  1. 糖化
  2. カルボニル化

 

 一番面の「糖化」は、最近、テレビの健康番組などでも話題になっているAGE(最終糖化物)と関係しています。

 AGEというのは、タンパク質(コラーゲン)が、加熱された時に、糖とくっついてしまって出来るもの。

 お肌が濁るだけでなく、体のあちこちに溜まって、色々な「老化トラブル」を引き起こしてしまいます。目や骨などにもたまって、骨粗しょう症の原因になったりも・・・。

 なので、美容だけでなく健康のためにも、「糖化」対策は大切です!

 

 この「糖化」は、何といっても食べ物から起こります。

高熱で調理されたお肉は要注意。

特に揚げたお肉には、「最終糖化物」がどっさり入っています(゚Д゚;)

お肉を食べるなら、蒸し料理を心がけましょう!

 

 他にも、フライドポテトや、バター、クッキーなどの焼き菓子にも多く含まれていますので、こういった食べ物を控えるのが対策になります。

 

 また、甘いものや、精白米などの炭水化物を一度に沢山とった時も、余った糖質によって糖化が起こります。

 

 

そして、次に「カルボニル化

・・・実は、こっちの方が、「黄ぐすみ」の原因としては大きいとされています。

 

 こちらは、タンパク質が、糖ではなくって、酸化脂質(正しくは、その分解物らしい)とくっついてしまい、ALE(終末脂質過酸化産物)という物体を作り出しちゃうことから起こります。

(AGEもALEも頭に”終末”がくっついているのが、何とも”終わっている”感を漂わせていてイヤですね・・(;^_^A)

 

 原因としては、紫外線、煙草(-。-)y-゜゜゜、ストレス、大気汚染物質、などがあるそうです。また、オメガ6脂肪酸の過剰摂取によっても、引き起こされます。

 (大豆油、コーン油、胡麻油の摂り過ぎには注意です!)

 

では、黄ぐすみを解消するためには、「カルボニル化」を防ぐのが大事です!

では、どうやって「カルボニル化」を防ぐことができるのか??

 

黄ぐすみ予防には、紫外線対策&抗酸化!

f:id:honeybushtea:20170218131246j:plain

 過酸化脂質というのは、その名の通り、「脂(アブラ)」が酸素と結合することで発生します。

 なので、酸化を防止することが大切。

 

 お肌が酸化する大きな原因の一つは、紫外線です。 

紫外線がお肌に当たると、皮膚の中で活性酸素が生まれてしまいます。

これが、脂質を酸化させてしまうのです。

 

 紫外線には、UV-BとUV-Aの2種類あります。

 

肌の奥の酸化には、UV-Aが関わっています。

 

UV-Aは波長が長いので、その分肌の奥まで届いてきちゃうのです。

しかも、ガラスや布も通過しやすいので、室内だからと安心はできないのが怖いところ。

表皮は数カ月で生まれ変わりますが、一度黄色くなってしまった真皮のたんぱく質が、元に戻るには、12年くらいかかるそうです・・アウチ!

 

 なので、ともかくも、酸化を起こさせないのが何よりも大切・・。

 

まずは、日焼け対策をしっかりしましょう!

お肌の老化の8割は、紫外線による「光老化」といわれています。

シミやシワ、そして黄ぐすみも、肌が酸化してダメージを受けることが大きいのです。

 

その次に、抗酸化作用のある成分をたくさん摂取しましょう!

 

 ビタミンCやビタミンE,そしてポリフェノールやカロテンといった抗酸化作用のある成分が入った食べ物をたくさんとりましょう。

 トマト、南瓜、人参、パイナップル、ビターチョコレート、など緑黄色野菜を中心とした食べ物には、活性酸素を除去してくれる成分が豊富です。

 揚げ物や砂糖を控えて、かわりにこういった、「美容応援食」をもりもり食べるのがおすすめです('ω')ノ

 

・・・でも、そうはいっても、太陽が照り付けるマブシイ日に、どうしても出かけなきゃならないこともあるし、野菜をたっぷり取るにも、限界がありますよね・・・。

f:id:honeybushtea:20170218131248j:plain

 そんな時にぴったりのサプリメントとしては、「飲む日焼け止め」があります。

 

 なんと、黄ぐすみを防ぐための「日焼け対策」「抗酸化成分摂取」の二つが、同時できちゃう画期的なサプリなんです。

 

「飲む日焼け止め」サプリメントの「メディパラソル」,は、

体の内側から日焼けを予防してくれるサプリです。有効成分は100%植物性。

 

「飲む日焼け止め」の仕組み

 メディパラソルは、植物が太陽光線に負けないよう体内に作り出す色素

オレンジのオレンジ色、カボチャの黄色など・・・の抗酸化成分によって、太陽光線によってお肌が参加してしまうのを予防します。

 

「メディパラソル」の有効成分は?

 上でみたように、4つの日焼けケア成分が入ってます!

 

  1. レッドオレンジエキス    ⇒ 「レッドオレンジコンプレックス」
  2. オリーブ果実エキス末    ⇒    「オリヴェックス」
  3. 高濃度リコピントマトエキス ⇒ 「ライコビーズ」
  4. ザクロエキス        ⇒ 「ポマノックス」

 

と、それぞれ登録商標を取っている、美容成分なんですよ☆

 

どれも、ヨーロッパの地中海沿岸で取れたフルーツのエッセンスです。

 

メディパラソルの、有効成分を解説!

レッドオレンジコンプレックス

  イタリアのシチリア島特産のブラッドオレンジ。

普通のオレンジよりも濃い果肉のこの果実は、フラバノンやアントシアニンが豊富で、美容と健康によいとして注目されている、特産品です。

(ちなみに、濃厚でとっても美味な味がします)

Sicilian Blood Oranges

その抗酸化作用で、光老化に対する予防効果があるといわれています。

 

オリヴェックス

  これも、地中海料理で有名なオリーブ。オリーブオイルではなく、オリーブ果実の汁を絞ったものなので、ポリフェノールもたっぷり。

 色白になる効果、酸化防止、血液サラサラ効果で知られています。

Olive

 

ライコビーズ

Pomodori Rossi

トマトのリコピンも、「トマトジュースで美白!」ということがテレビで特集されるくらい、継続して毎日摂取していると、日焼けしにくくなる成分です、

 メディパラソルは、高濃度リコピントマトを使っています!

 

ポマノックス

Pommegranate


 ザクロはポリフェノール「プニカラジン」を含んでいます。

「プニカラジン」は、体の錆びつき防止に役立つエラグ酸に変わってくれます。

活性酸素を取り除いて、体を酸化から守ってくれます。

 

メディパラソルは、地中海の健康成分からできていた!

 こんなわけで、果肉の赤いオレンジ、高濃度リコピントマト、オリーブ・・・地中海の健康食がここにありました。

 地中海沿岸は、長寿でも有名な地域で、その秘密は食事にあると言われています。

ほとんど毎食のように、オリーブオイルが使われ、特産のオレンジジュースを飲む毎日・・・。

  この地域の人は、年取っても、いつまでも元気な人が多いことで知られています。

 そんなわけで、「メディパラソル」は飲む日焼け止めとして、美容にも、健康にも効果が期待できそう。

今年から「飲む日焼け止め」がどんなものなのだか、ちょっと試してみたい!

という方には、おすすめです。

 

 ※売れすぎで2018年8月現在在庫切れとのことです(;^_^A 

➡ コスパ重視なら「やかないサプリ」もおすすめです☆

スポンサードリンク