飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

「飲む日焼け止め」は地黒改善にも効果ある?色白になれたりする?作用の理屈をチェック。

Cisne Negro

 「飲む日焼け止め」、色んなところで紹介されていますね。

 飲むだけで、植物エキスが紫外線に対する防御力を高めて、日焼けを防いでくれるという新発想の日焼け止め。

 欧米では、かなりポピュラーのようです。

 ・・・ところで、素朴な疑問は、これって地黒な人が利用しても意味あるの?とか効果あるの?ってことです。

 何しろ、もともとは、太陽光線に弱い、白人さんのために開発されたものです。

 どうなんでしょうか?

 調べてみました。

 

 

地黒の原因は何なのか。

 一つは、環境で、もう一つは、遺伝です。

 環境というのは、日ごろから部活や仕事の都合で、ずっと外にいると、どんどん色黒になってきます。これは後天的なものなので、あまり太陽を浴びない生活に切り替わったりすると、もともとの白さに戻ってきます。

 日本人でも、中東やアフリカでボランティア活動されている方などは、現地の人と見わけがつかないくらいに黒くなりますよね。

 これは、紫外線に対する防御反応が正常に働いているっていうことです。

 

 一方、もう一つは遺伝です。

生まれながらにして、メラニン色素が多い・少ないという違いがあります。

これは人種ごとにも違います。

 白人さんの目が青かったり、髪が金髪なのも、このためです。色素が少ないために、青や金に見えます。

 一方、黒人さんは逆にメラニン色素が多いため、褐色に見えるわけです。

 これは、白人さんは北の、太陽が弱いところに住み、黒人さんは赤道直下の太陽が強いところに先祖が住んでいたことで、適応した結果といえるでしょう。

 で、日本人を含む黄色人種は、この中間にあります。

 人によって、結構紫外線への敏感さに差があるのが、黄色人種の特色かもしれません。

 色白な人は、紫外線を浴びるとすぐに、肌が炎症を起こして真っ赤に焼けてしまいます。でも、メラニン色素が少ないので、元に戻るのも速いです。

 地黒な人は、紫外線を浴びるとすぐに、メラニン色素が作られはじめるので、赤くならず、すぐに黒くなります。そして、なかなか元に戻りません。

 

・・・色白な人って、色黒組から見たら、うらやましいですよね・・・(´・ω・`)

でもまあ、色黒っていうことは、太陽光線に強い!ってことでもあるんです。

 

 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生して、皮膚の細胞が傷つきます。それでヒリヒリと赤くなるんです。

色黒の場合は、このダメージを、メラニン色素が吸収してくれるので、ダメージは抑えられているんですよ。肌がダメージを受けると、後からシミやシワになりやすくなります。

 なんで、そういう意味では地黒な人の方が、シワは出来にくいはず・・・です。

(メラニンが多いと、シミは出来る可能性ありますが・・)

 

 なので、長所もあります。

 でもやっぱり、色白に憧れますよね。

それに、色黒だからって、紫外線ダメージを受けないわけではないです、もちろん。

メラニン色素が多いといっても黄色人種だと、黒人の人たちよりは、全然紫外線に弱いです。

 すると、「飲む日焼け止め」は、日焼けすることで今以上に黒くなってしまうことを防いでくれますし、ダメージを軽減し、将来のシミやシワを少なくしてくれますので、

色黒の人だって、全然飲む意味はあります。

 肌老化の8割は、「光老化」といわれています。

 ずっと若々しい見た目をキープするためには、ともかく「日焼け対策」はマストですよ!

 それから、美白効果のある「飲む日焼け止め」もあるので、少しずつ色白を目指すことだって可能なんです。

 

おススメの「飲む日焼け止め」2つと、その仕組み

覚悟を決めて「絶対焼かない!」人には、「美百花」

f:id:honeybushtea:20170325141218j:plain

 まず、何としてでも、少しでも地黒を軽減したいし、肌をともかく光老化から守る!という方には「美百花」がおススメです。

 

 「美百花」は、ヨーロッパでも愛用者が多く、大学などでも研究が行われて、その効果が実証されている「Nutrox Sun」という成分を採用しています。

 これは、まだ熟する前の柑橘系フルーツからとったエキスと、ローズマリー(お肉の匂い消しにも良く使うハーブですね)のエキスを、ベスト・バランスで混ぜ合わせることでえられる特許成分です。

 

 スペインのミュゲル大学の研究で、3か月継続して飲み続けて、56%ほど、紫外線防御力を高めることが分かりました。

 つまり、日差しを浴びてしまった時のダメージを半分以下に抑えることができるってことなんです。

 

仕組みとしては、紫外線によって肌の中に生まれた活性酸素が、細胞にダメージを与える前に、それを相殺してくれる、抗酸化成分が働くということがあります。

 強烈な紫外線は、人間だけでなく、植物だってニガテ。

細胞が傷ついてしまうんですからね。

けれど、植物は移動して日陰に入るわけにもいきません。

それで、植物がUV対策のため、その葉や果実の中にたくわえたのが、ポリフェノールなどの抗酸化成分なんです。

 

 この成分は、100㎎から高い効果を発揮します。

「美百花」に1日分2粒で100㎎と、豊富に含まれていますので、効果的!

 

さらに、新陳代謝を促進して、肌にできてしまったメラニンを、はやく排出してくれる助けをする「クロセチン」

目を日差しによるダメージから守ってくれる「ルテイン」

保湿成分の「フィッシュコラーゲン」

、さらにミネラルなども豊富なので、

日焼け止めだけでなく、トータルで肌にいいし、美白をサポートしてくれます☆

 

これだけ効果があるので、通常価格はけっこう高くて、7,800円ほどするんですが(;^_^A

これが、キャンペーン価格で買うと、4,980円と、すごく値引きになります☆

 一日あたり、160円ほど。ペットボトル一本か、お菓子一袋我慢すれば、全然試せちゃうお値段になってます。

 お財布が心配な方は、紫外線が強い4月から9月の間だけでも、試してみる価値はありますよ♪

 

>>美百花の口コミなどはこちら<<

 

 

お財布を大切に!コストパフォーマンスが良いのは「やかないサプリ」

 でもお財布が心配だし、最初はもうちょっと安いので気軽に試してみたい!

そんな思いを抱かれる方には「やかないサプリ」をおすすめします。

 

「やかないサプリ」は、主にパイナップルの日焼け止め成分を利用しています。

パイナップルセラミドは、

お肌の角質層に、水分をとらえて離さず、もちもち弾力ある肌をつくるのをヘルプしてくれる成分。

「セラミド」は保湿化粧品のパッケージにも、よく書いてありますよね。

 

 そして、地黒な場合嬉しいのは、パイナップルフィトールという、美白に寄与する成分も入っていること。

このフィトールは、メラニン色素が作られるのを抑制する力が、コウジ酸の56倍も強いとのこと。

 さらに、ローズマリーエキス、カロテン、ビタミンCなども配合されています。

f:id:honeybushtea:20170618144912j:plain

上の写真は、男性の開発スタッフが、背中で日焼けを試したものだそうです。

たしかに、引用後では、赤味が薄くなっていますね・・・。

 

「やかないサプリ」は、web限定キャンペーンを利用すると2,300円ほどで入手できますので、飲む日焼け止めの中でも格安です。

 効果のほどを、ちょっと試してみたいという方も気軽に買える値段ですね。

 ちなみにカプセルの匂いは、パイナップルとローズマリーの香りがしました。

 

▽詳細はwebキャンペーンの案内に色々とのっています。

やかないサプリ