飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

その日傘、本当に焼けない?日焼けを防ぐパラソルの選び方&壮絶かわいい日傘コレクション♥

Old Fashioned Giggling


 真夏の炎天下の外出には欠かせない日傘。

体感温度も下がって熱中症予防になりますし、何よりも日焼けしてダメージを受けた肌が、後からシミや皺になるのを防いでくれます。

 けれど、日傘を差していても、なにか顔のあたりが、透けてきた日光でパアアッと明るく照らされて、「あれ、これは本当にちゃんとUVを遮ってくれているのかな?」と疑問に思うことはありませんか。

 やっぱり、種類によって紫外線をどれくらい防げるかというのは違ってきます。

 日傘って意外と、持ち運びが面倒になりやすいものでもありますし、

せっかく差してるのに、ちゃんとUVカット出来てなかったら困りますよね。

 

 では、どういうスペックの日傘が一番日焼けしないのか!ということで調査しました。

 そして、あっと驚く可愛い日傘コレクションもご紹介!これなら日傘を差してても、やぼったなくて、むしろお洒落。

 

照り返しを防いでくれる日傘を選ぼう。銀色は内側NG!

 上からの日光は防げていても、夏は照り返しの光線も舞い踊っています(汗)

都会のアスファルトも強烈。10%ほどの光線が、地面から反射してくるそうです・・・。

 こんな時、傘の内側が明るい色だと、地面から跳ねてきた光を、さらに傘内に反射させてしまうため、お肌にUVが当たる量が多くなります。

 傘の内側は、紫外線を吸収してくれる黒い色のものを選びましょう。

 

 よく、傘の内側に銀色コーティングされている日傘ってありますよね。

あれを差していると、光が透けてこなくて安心感あります。

確かに、上からの遮光率は高いです。

 けれども地面からの光は、銀色部分が拡散してしまうことにもなりますので、一番強力に防いでくれるものではないのです。

 黒でコーティングされているものが最強なんです。

 

遮光率はできるだけ高いものを。

 そのへんで売っている、割とペラペラの

記事の日傘でも、タグに「遮光率90%」「遮光率99%」などと書いてあることがありますよね。

 そっか、それだけ防いでくれるんなら!と手が伸びてしまいますが、実は、ここには意外な事実がありました・・・。

 日本インテリアファブリック協会というところが定めている、遮光率の基準によると、なんと日よけ効果は次のようなことになってたんです!

 

  • 99.39%以下・・・遮光性なし
  • 99.4%~99.8%未満・・・遮光3級
  • 99.8%~99.99%未満・・・遮光2級
  • 99.99%以上・・・遮光1級

 

 なっ、なんと0.00%、0..1%と、コンマ以下が違うだけで、

等級が分かれちゃうんです。

しかも、99.39%以下は遮光性なし・・・(汗)

 どういうことだ・・・と思いますが、こういうふうに判断されているようです。

 

 実際のところ、日光アレルギー、紫外線アレルギーの方は、こうした微細な違いによって反応が出てしまうようです。

 ともかくも、ここでの大きなポイントは、タグに99%遮光!と書いてあっても、けして完璧に防いでいるわけではないので安心はできない、ということです。

 

 

上の日傘だと、100%遮光なので、兎も角本格的に紫外線カットしたい人にはおすすめです。カラーリングも何種類かあるのですが、どれもシックで上品な色使いでお洒落でもあります。

日本製の高密度な生地を使用しているということで、太陽光が隙間から入ってくるようなこともありません。日本企業応援できるのもいいですね。

 

安い日傘だったら、材質・色・厚さで選ぼう!

 できたら、お肌のためには、しっかり作られたいい日傘を使いたいものですが、安い日傘で間に合わせようという時には、材質を選ぶといいです。

ポリエステル生地で、厚く、色の濃い日傘を選ぼう!

 綿やシルクなどの自然素材と違って、ポリエステル生地は、90%ほど紫外線をカットしてくれます。

 ポリエステル生地はカサカサするから、肌着やシャツなどの洋服として身に着けるのには抵抗ある人もいるかもしれません。

 でも、日傘だったら、気になりませんね。

 

 そして、やっぱり生地はペラペラ薄いよりも、厚くしっかりしたものの方が光を通しにくいです。

 そして、色が黒に近い方が、紫外線をよく吸収してくれます。

 

かわいい日傘だったら、これがおススメ!

 そして、日傘といえども、ダサく見えるのはキライ。

お洒落じゃないと、身に着けたくない・・・というお洒落さんもいらっしゃることでしょう。

 そんな場合は、日焼け止めクリームをがっつり塗って対策して、日傘はごつすぎない、可愛いデザインのものを選ぶという手もありますね。

 そんなアナタのために、「これは!」と思わず目につく可愛い日傘を探してみました。

 

誰もが振り向く、ディチェザレのお洒落日傘。

お洒落上級者には、ぜひ挑戦してもらいたいのが、ディチェザレの日傘。

すれ違った人が思わず振り向いてしまうようなユニークなデザインなのに、

上品さも漂わせていて、フォルムも素敵。

 

 

上は中世の貴婦人みたいです、楽天市場のページで、もっと色んな写真でじっくり見れますが、マジで優雅ですよー。

 黒の他に、白も用意されています。

 

 ディチェザレ二つ目。みてください、この優雅さ。

もはや鑑賞していたいかも・・・♥

「カボチャ バンカンツァ」という名前なので、南瓜をデザインモチーフにしているようです。

 ギフトにも気が利いているんじゃないでしょうか。

 

鮮やかで元気が出る、アナスイの日傘

 さすがのアナスイ。あでやかな色使いです。形も可愛い日傘。

モノトーンの服装に傘だけ派手に・・というのも引き立ちそう。

ホームページを見ると、持ち手にもリボンがついていたりと、ディティールが綺麗で、気持ちを盛り上げてくれそうです。

 ほかにも、バタフライなどの模様が入っている傘もあります。

 

 よく見ると個性的な模様のヴィヴィアンウェストウッドの日傘

 ヴィヴィアンウェストウッドの日傘は、シンプルな中にも、そこはかとなくお洒落。

そして、愛を交わす(??)二匹の鳥のイラストが入っています。

 こういう傘だったら、ファッションの邪魔にならず、逆にスパイスに使えますね.。

 

日本の夏を楽しむなら、和風の日傘!

 

 16本骨の和風デザインで、金魚が泳いでいるイラストが、なんとも華やかで可愛らしいです。夏空に映える、よいアクセントになりそう。

 縁日などに浴衣と合わせて持っていっても粋ですね。

 色としては、黒が一番紫外線を吸収してくれますが、落ち着いた綺麗な紺色の傘もあって、迷ってしまいそう。

 

 フリル付きピンク♥だけどシックに。

 

 たまには、フリルがたくさんついた、スーパーキュートな日傘も差してみたいですよね。でも、こんなフリル傘もいかがでしょうか。

 可愛いのに、遮光機能は1級。99.99%以上、カットしてくれます。

 キュート過ぎない、ちょっとベージュっぽいピンクと涼し気なブルーが、どんな服装にでもいけそう。

 ゴスロリ的な恰好をしても、フォーマルスーツで仕事中でも使えそう。