読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

【実証】日焼け止めが目にしみる?私が試した、しみないのに高機能の日焼け止めはヴェレダ!

Mon, Jan 12, 2015 - 01

 日差しが強くなってくると、曇りの日でも欠かせなくなってくるのが、日焼け止めですね。だけど、「敏感肌用」とか「やさしい」とか書いてある日焼け止めでも、いざ塗ってみると、目がシパシパして乾いたみたいで、なんか涙目になってくるってこと、覚えありませんか??

・・・わたしはあります・・・。

 多少化学物質過敏気味のところがあるからでしょうか・・。肌には大丈夫でも、目にしみてくることは結構あります。

 そんな私ですが、最近たどりついた、目にしみない日焼け止めクリームがありますので、ご紹介したいと思います。

 

 

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

f:id:honeybushtea:20170426123150j:plain

SPF33 PA++

 これは、もう本当に年中手放せない私の定番になってます!

ヴェレダといえば、自然派、オーガニック化粧品の元祖ともいえる存在。

1921年にスイスに誕生と、なんともう100年近い歴史があるんです。

創立者は、あの「シュタイナー教育」で有名な、思想家のルドルフ・シュタイナー。

彼は教育でだけ有名だったのではなく、「ビオダイナミック農法」という、農薬を使わずに、宇宙や土地のエナジーを存分に引き出そうという栽培方法を考案していたのです。

 ヴェレダの化粧品に使われているのも、この自然を活かした農法で育てられた生命力あふれる植物たちなんです。

 そんなわけで前からファンだったんですが、なんといっても、この日焼け止めは

  1. いい香り!
  2. 肌にやさしく、目にもしみない
  3. 顔が自然にワントーン明るくなる

 

 という素敵な3つの長所があります。

 まず、香りはというと、ちょっと柑橘っぽいんだけど、もうちょっとやわらかく、ふわっとした、でもスッキリと爽やかな香り(笑)

 いわゆるバラ系のフローラルで乙女チックな香りほど、つきまとってこないし、ミント系ほど、ツンとしすぎていない、この按配はすごいと思います。

 

ウェレダ日焼け止めの原材料

 水、グリセリン、オリーブ果実油、酸化チタン、スクワラン、エタノール、ラウリン酸ポリグリセリル―10、アルミナ、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、シリカ、エーデルワイスエキス、アロエベラ液汁、サンシキスミレエキス、香料、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、アラビアゴム、キサンタンガム、パルミチン酸デキストリン、ペンタステアリン酸ポリグリセリルー10、酸化鉄

  パラペンや紫外線吸収剤は使われてないのが分かります!酸化チタンが、紫外線散乱剤として使われているようですね。

そしてエタノールは入ってました。これは意外。わたしは、目にしみるてるのってエタノールじゃないかと思ってたんですよね。全然目にしみないです。

 石鹸でもおとせて、赤ちゃんのお肌にも使えるくらい、使い心地は優しいです。

 そして、ポイントになるのはエーデルワイスという植物。

 

 これは、アルプスの標高1,500メートル以上の高原に生えている白く可憐な花。タンニンやフラボノイドといった美肌にいい成分を含んでいるそうです。

 

ウェレダ日焼け止めのお肌へのいたわり・やさしさ💛

 これを使い始めた頃、わたしは湿疹に悩んでいました。いつの間にか消えてて、今はもうないんですが、赤い発疹みたいなものが顔にあらわれ、触るとなんとなくピリピリして痒く、ステロイド剤もらって塗れば治るんですが、やめるとまたいつしか出てくる・・・といういたちごっこ状態。

 あまりに赤くなってくると、職場の人にも「大丈夫?」といわれる始末・・・。原因不明のまま治ってしまったわけですが・・・。

 この症状が出ていた時も、だからといって日焼け止めを塗らないわけにはいきませんでした・・・。そして、この日焼け止めを塗ると、刺激にならないどころか、かえって肌の赤みや炎症が鎮静される感触がありました。正直こういう感触ははじめてで、この日焼け止めにはまった一端はここにもあります。。

 まあ、私よりもっと敏感な方は、この日焼け止めでも荒れちゃう可能性もあるかもですが・・・。

 

ウェレダ日焼け止めは顔色を綺麗に見せてくれる!

 そして、このポイントも、この日焼け止めが手放せない理由の一つです。

わたしは、ファンデーション使わない派なのですが(皮膚呼吸できないような気になるし、ファンデが毛穴に詰まるw)そうすると当然、おばちゃん化し、くすんできた肌を人前にそのままさらすことにィ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 まあ、ご近所散歩するくらいなら、そのままでもいんですが、最近は、人と会う時、特に、見栄はって(?)少しでも肌をキレイに見せたい機会には、夜であろうと、このウェレダの日焼け止めを付けていくのが習慣になってます。

 夜だから太陽出てないのに・・・w

 なぜかというと、この日焼け止めのカバーりょくに、感心しているからです。

日本人の肌色に合ったナチュラルオークル(といっても、伸ばしてみると黄色すぎない)の色がついていて、(だからか日本限定発売品です)スーッと伸びがいい。

 塗り終わった時には、ワントーン肌色が明るくなって、気になるシミも分かりづらくなり、モチモチ潤ってみえます。

 しかもファンデみたいな重たさや、つっぱり感いっさいなし!

 そんなわけで、あまり化粧はしない派のわたしでも快適に使えます。

 ・・・こんなわけで、ウェレダの日焼け止めは、

  • 爽やかで優しい匂いに気分が癒され、落ち着く
  • 敏感肌にもやさしい
  • 色が自然にワントーン白くみえる

 こういう、ほんと擬人化すると「きみは高原の妖精か??」という感じのキャラですので、マジで愛用してます。やっぱり、そうとう人気で売れているみたいですね。

WELEDAヴェレダUVプロテクトの最安値を楽天でチェック!

 

飲む日焼け止めも、お試し中!

 それから、敏感肌でも入念な日焼け対策を行えるという点では画期的なのが、飲む日焼け止め。これも愛用中です。

 わたしが飲んでいるのは、地中海のローズマリーと柑橘のエキス「ニュートロックスサン」が使われている、日焼け止めサプリです。「インナーパラソル」というやつです。

 そんな身近な植物が本当に効果あるの!?とか思っちゃいますが、ちゃんと大学の細胞生科学の教授とモンテローダ社という民間機関が10年間も共同研究していて、効果も確認されているんですよ♪

 白人さんは、東洋人よりもメラニン色素が少ない分、日焼けに弱くて、肌を守るためにこういうサプリの需要が高かったんでしょうね。

 ローズマリーには、頭をスッキリさせ、記憶力や集中力を高める作用もあるということで、確かに飲んでいると、気分が落ち着き、頭の中がクリアになる気もしてます。

肌を酸化から守り、オリーブやレッドオレンジなどが配合されていますので美肌ケアにも使えます。

 一番コスパの良い「メディパラソル」で、一月2,200円ほどからお試しできますので、日差しの強い季節は取り入れてみてはいかがでしょうか。 三カ月ほど継続で、紫外線に対する防御力がマックスになるそうです。 今から始めれば、真夏に間に合いますよ。

 

 ・メディパラソル のキャンペーンをチェック☆