読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

ショック!目からの紫外線でも日焼けしてシミになる!?目が痛い、赤くなる時の対策、サングラス以外だったら食べ物で☆

080703

 お肌の老化の8割は紫外線から来ています。

 このため、かなりガッチリ守りを固めている方は多いんじゃないでしょうか。

 日傘を差して、アームカバーして、スカーフを巻き、帽子をかぶり・・・日焼け止めを塗る・・・。

 ほとんど不審者みたいになります(汗)

 でも、肌は一生付き合うものなのだから、妥協できませんよね・・!

 

 でもこの時、意外と盲点になるのが、目の紫外線対策です!目って、皮膚みたいに見た目からして日焼けしているって分かるものではないですね。

 真夏に炎天下を歩いたり、海やスキー場で、目に痛みを感じることはありませんか?

 これは、紫外線が目にもダメージを及ぼしているからです。

 しかも、目から入った光も、シミの原因となるメラニン生成に関係があるという研究結果が出ています。

 

 

目から入った紫外線が、シミを作る??

f:id:honeybushtea:20170218131246j:plain

↑なるべくサングラスも着用しよう

 

 大阪市立大学の研究チームの実験結果で、皮膚に直接紫外線が当たっていなくても、目に入るだけで、メラニン色素が作られ、日焼けすることが分かりました。

 紫外線は、目の角膜に、かすかな炎症を引き起こすんですが、この刺激が脳に伝わって、

今、UVが攻めてきてるからメラニン作って防御!!」というふうに指令を出すのではないかと考えられています。

 なので、いくらお肌をプロテクトしていても、サングラスをかけていないなどすると、実は日焼けしてしまうんです。

 そんなわけで、いつもかけるのは面倒でも、せめて日差しの強い日だけでもサングラスをかけるのが、お肌のためには良いです。

 もちろん、お肌のためだけでなく、目にもいいです。UVによる炎症で、目の中には活性酸素が出来てしまい、これがじわじわダメージを与えます。

 積み重なってしまうと、白内障などに結びついてしまいますので、防いでおいたほうが良いです。

 私のおススメとしては、JINZなどで売っているパソコン用の、ブルーライトカット眼鏡を、外でもかけるようにすること。これだと、室内でも外でも兼用できますし、本格的サングラスみたいに「バケーション!!」「セレブー」感を醸し出さないので気軽です。オフィスでもかけていられるフォーマル感が魅力です。

 

サングラスをかけられない場合はどう紫外線対策する?

f:id:honeybushtea:20170218131248j:plain

 それでも、仕事でお客さんを案内している時や、ママ友と一緒に歩いている時などは、自分だけサングラスかけていると、「失礼なやつ」と思われてしまう心配があって、かけられないっていう状況はありますね。

 (西欧の国だと、皆、目の色素が薄くてサングラスなしではやっていけないために、誰もがグラサン生活なので、目立たないんですけどね)

 また、眼鏡跡が付いちゃうのが好きじゃない、とか色々かけられない理由もあるかもしれません。

 一つの手としては、フルフェイスヘルメットみたいな、ごっついサンバイザーをかぶるという手が・・・。これは色々なものを捨てないとかぶれませんが・・・。私はこれでチャリを飛ばしていたところ、職質されました汗

f:id:honeybushtea:20170416131627j:plain

(エフバイフォー) F×4 日よけ 雨よけ レディース 紫外線 対策 UVカット サンバイザー FLA000 レース : ブルー

↑ 最近はこういう、ヘッドバンド部分に、ラメ感たっぷりの、きらびやかな刺繍入りのものも。

怪しさは軽減されない気もしますが・・・(??)

 ただ、シェイド部分を下までおろしておけば、目もひっくるめて顔中を覆ってくれるので安心感はこの上ないです。やみつきになります。

 サングラスだと、眼鏡の横から紫外線が屈折して侵入してきて、かえって紫外線を強く目の中に導いてしまう現象もあるので注意が必要です。なるべく隙間なく顔のカーブに沿って覆ってくれるグラサンを探した方がいいんですよ。

 そう考えると、このサンバイザーは一気に顔の全面を覆ってくれるので、楽だと思いません?ま、見かけが若干(?)怪しいので、人によって価値判断は違ってきそうですがw

 

 ただ、もちろんこれはTPOを選びまくりますね。

 その場合は、食べ物やサプリメントで、内側から防御するという手があります。

 

目を紫外線から守る食べ物

 目の色は、東洋人は黒、西洋人はブルーや茶色ですね。これは、メラニン色素の量が関係しています。東洋人の瞳には、メラニン色素がみっしりと密度高く詰まっているので色が濃く、西洋人の瞳は、メラニンの数が少ないために、ブルーなど淡い色をしているのです。

 このため、虹彩の青い西洋人は光に弱く、目が黒い人の2倍も、まぶしく感じてしまうんです!

 そして、私たちの目を紫外線から守ってくれる食べ物も、何らかの「色素」系なんです☆

赤や黄色、紫色の色素です。

 

卵などに含まれるルテイン

crack an egg

  ルテインは、抗酸化作用を持ったフィトケミカル(食べ物に入っていて、体に有用な働きをしてくれる)です。

 特に、眼の水晶体や黄斑部にも沢山分布している黄色い色素。

 紫外線が目に入って、活性酸素を発生させた時に、それを打ち消して、目の細胞をダメージから守ってくれます。

 こんなわけで、視力補強サプリなどに、よく配合されている成分です。

 食べ物だと、卵の黄身、ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草に豊富です。

ブルーベリーやアサイー、ビルベリーのアントシアニン

blueberries by the handful


 これも目に効果があるので有名。ベリー類に入っている、紫色の色素です。あ、紫芋や黒大豆にも豊富です♪

 アントシアニンはまず、網膜にめぐらされた毛細血管を保護し、血流を促進します。そして眼圧が高くなるのを抑えてくれる作用があるんです。

 それからロドブシンという、網膜の中にも存在している、ロドブシンという紫の色素を含んでいて、これがピント調節機能には、かなり即効性を見せてくれます。

 もちろん抗酸化作用もあるので、UVによる目へのダメージを防いでくれます。

 

 ・・・ブルーベリーサプリは本当に効きますよ!私も、会社で細かいエクセル表を毎日見なくてはいけない時があり、夕方には目がチカチカしぱしぱ霞んできてたまりませんでしたが、会社の人にすすめられて飲んだ「ブルーベリーアイ」はマジで効きました。飲んでるのと飲んでないのとで結構差が出た・・・。

 他のアントシアニンサプリも試したんですが、効き目はやっぱり、わかさ生活のが一番。ただ最近高くなっちゃったのだけ、悲しいですがー・・・。 

 

南瓜やニンジンの、ベータカロチン

 

Allotment pumpkins

 カロテノイド色素の一種で、強い抗酸化作用を持っています。カロチンは、体の中でビタミンAに変換されます。これは目の網膜が光を感じ取る時に必要になってくるビタミンなんです。

 さらにカロチンは、眼球の奥にある黄斑が変形してしまうことも予防する作用ありです☆

 

 鮭やイクラの、アスタキサンチン


Sarmon and roe salad

 鮭などの鮮やかな赤い色素、アスタキサンチン。これは抗酸化作用が強く、目や脳にまで届けられて、活性酸素から組織を守ってくれるんです。

 そんなわけで、アスタキサンチンの臨床研究では、ピントの調節や眼精疲労の改善が報告されています。

 

 上記の中でも、特に「ルテイン」「アントシアニン」「アスタキサンチン」は目に効果的で、眼精疲労軽減サプリにも入れられています。

 個人的体験では「ブルーベリーアイ」は本当に即効性がありました。通勤電車の中で、霞んでいた遠くの鉄塔が、飲んだ日にはクッキリ見えるんです。

 ただ紫外線から目を守る、という点では、網膜に直接分布してくれる色素「ルテインが強いかと思います。

  裏技としては、今なんと「飲む日焼け止め」というのが発売されています

「え、飲むの?」「塗る」んじゃないの?と思いましたか ?

 中でも、ホワイトヴェールは「ルテイン」も成分の中に含んでいるから、肌の日焼け止めケアと目の日焼け止めケアが一緒に出来ちゃって一石二鳥です!

 私も去年モニターで試させてもらってから、予想外に良かった(色が白く抜けてきたり)ので「飲む日焼け止め」は今年も続けているところです。

 キャンペーン価格で安くなってますし、ぶっちゃけ、もし効果ないかなーと思ったら、その時に解約しちゃえばいいと思います。返金補償も付いてきますよ。