読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲む日焼け止めでUV対策大作戦ブログ

敏感肌用日焼け止めなど、お肌に優しくナチュラルなUVプロテクトを追求

【保存版】美白効果で選ぶ飲む日焼け止め♪「インナーパラソル」がおすすめ。

飲む日焼け止め

White beauty

 

 去年の夏から話題になっている飲む日焼け止め。体の内側から、紫外線を防御できるという優れもの。塗る日焼け止めと合わせて使って、

より完璧な日焼け対策ができそうですね。

けれど、この飲む日焼け止めって、美白効果もあるんでしょうか?普通のサンスクリーンって、特に色白になる効果はありませんよね。それと同じことなのかな?

 でもUVプロテクトと同時に、シミやソバカスも予防できたら、それは最高です。

 ホワイトニング効果はどうなっているのか、調べてみました。

 

 

種類によって違う

 

 まず、「飲む日焼け止め」も色々な成分の商品が発売されています。

一番話題になっている2大成分はといえば、「ニュートロックスサン」「ポリポディウム・ロイコトモス(フェーンブロックとも呼ばれます)」の二つです。

順番に見ていきましょう☆

 

ニュートロックスサンの美白効果は?

 まず、地中海の柑橘とローズマリーという香り高い成分から作られた「ニュートロックス・サン」の日焼け防止メカニズムを見てみます。

 

お肌の繊維に影響を与える、日光による炎症を防ぐとともに、

主に、2つの抗酸化物質が働きます。

(1)水溶性の抗酸化物質

最初に発生する、超酸化物質(酸化を促進させてしまう物質)

を抑制・除去します。

⇒ お肌の脂質やプロテイン、DNAのダメージを防御!

(2)脂溶性の抗酸化物質

皮膚の細胞膜へのダメージに由来する、別の酸化物質が作られるのを防ぎます。

⇒ お肌の細胞に有害な、酸化脂肪の生成をブロックし、皮膚の機能を守る!

 

参照:飲む日焼け止めをみっちり比較してみた。冬から春の紫外線対策にも最強!おススメはどれ?【通販で格安購入】

 

 紫外線によるお肌のダメージは、太陽光線が、大量の活性酸素をお肌の中に発生させてしまうことに由来します。

 活性酸素(フリーラジカル)が、お肌の細胞を傷つけ、シミやシワなど・・・つまりは老化( ;∀;)の原因になってしまうのです。

f:id:honeybushtea:20170218131247j:plain

 Nutrox Sunの成分はローズマリーとグレープフルーツから抽出されています。これらに含まれる強力な抗酸化物質が、この活性酸素を打ち消してくれる。こんなメカニズムなんですね☆

 となると、確かに日焼けが肌にダメージを残して、日焼け後にシミになるのを防いでくれはしますが、特別にメラニン色素の生成をブロックする、ということはなさそうです。

 あくまでも、ニュートロックスサンは、「守り」の方向で働くんですね。積極的にメラニンをブロックして肌を白くする「攻め」の姿勢を持っているわけではないです。

  

フェーンブロックの美白効果は?

f:id:honeybushtea:20170307140640j:plain

  それでは、テレビ番組「ほんまでっか」でも紹介されていたヘリオケアなどの主要成分、「フェーンブロック」についてはどうでしょうか。

 これはアメリカ大陸の太陽ギラギラの場所で育つシダ植物「ポリポディウム・ロイコトモス」のエキスから作られています。

 このエキスの日焼け防護メカニズムは・・・

(1)抗酸化作用

ニュートロックスサンと同じように、活性酸素や、超酸化物質を抑制・除去

(2)ランゲルハンス細胞の減少を防止

ランゲルハンス細胞というのは、皮膚の表面に多く分布する細胞。

皮膚にウイルスや化学物質が入ったとき、免疫細胞に働きかけて除去させようとする働きをします。

年をとるにつれ、お肌から減っていってしまう細胞なのです。

ポリポディウムはこの細胞を守ることで、お肌のバリア機能をキープします

(3)細胞の変異を防ぐ

UV-Bによって細胞が変形してしまうのを防ぎます。抗腫瘍効果でも知られています。

 

  上の三つが効果でした!

 そんなわけで、フェーンブロックも、紫外線がお肌に与えるダメージを防ぐという「守り」の働きが主ですね。活性酸素を取り除くと共に、お肌の免疫機能もサポートします。

 シミやソバカスの原因に「攻め」ていくというタイプとは少し違います。

  

・・・えー、美白作用はないんだ??紫外線ブロックできるのは頼もしいけど、どうせなら同時に、美白も出来たらいいのに~!

f:id:honeybushtea:20170218131247j:plain

 

って思いませんか?

   ↓        ↓        ↓

 

解決方法は二つあります☆

  1. 「Nutrox Sun」「Fern block」以外の美白できる成分をメインにしている飲む日焼け止めを選ぶ
  2. 「Nutrox Sun」「Fern block」がメイン成分だけど、美白できる成分も配合しているものを選ぶ
  3. 美白は、化粧水とかで別途対応( ^ω^)・・・

 あれ、三つでした汗

ただ、三つ目は番外編なので、ここでは1案と2案について考えますね!

 

(1)美白作用のある成分メインの飲む日焼け止めを使う

 美白作用のある成分を使っている商品は「セラミドファイン」と「ホワイタス」です。

「セラミドファイン」はパイナップルで美白!

f:id:honeybushtea:20170307141054j:plain

 飲む日焼け止めの中でも「セラミドファイン」は、パイナップルの美容効果に注目した商品です。

 パイナップルセラミドが、お肌の潤いを守って紫外線など外部刺激からの防御力を保って、パイナップルフィトールが、お肌のターンオーバー(代謝)を促進して、色白お肌へと導きます。

 潤いと美白のダブル効果です。

 メラニンの生成を抑制する効果、お肌が明るくなる効果も、臨床試験で確認されているんですよ。

「セラミドファイン」は1800㎍と、セラミドをたっぷり摂取できます。

色白になりたい!というのを優先したい方には、おススメの飲む日焼け止めです。

 

「ホワイタス」はトマトで美白!

f:id:honeybushtea:20170307142839j:plain

 「ホワイタス」はトマトの持つスーパー成分「リコピン」に注目してます。

最近、トマトが「美白ジュース」にもなる、などとしてテレビなどで紹介されていますよね。その効果の元となっているのが「リコピン」です。

  メラニンを生成する時にはチロシナーゼという酵素が必要になるのですが、リコピンにはこのチロシナーゼの働きを抑える力があるのです。さらにビタミンEよりも抗酸化作用が高く、日焼けによるダメージを3割減すると報告されています。

 

(2)美白できる成分もミックスされている飲む日焼け止めを選ぶ

「ニュートロックスサン」「フェーンブロック」をメインに配合している飲む日焼け止めでも、美白作用のある成分も一緒に配合しているものがあります。こういうものを選べばUVブロックと美白のダブル効果が期待できますね☆

 

インナーパラソル16200

 

 「インナーパラソル16200」は、一番美容成分をしっかり高配合していることからおススメできるサプリです。一日あたり、

  • ニュートロックスサン250㎎

 を配合している(これは高い効果を得るために推と奨されている量)ほかに、

 

  • パインセラ一日あたり300㎎
  • ビタミンC一日あたり1000㎎
  • ビタミンP一日あたり1100㎎

 もたっぷり入れられています。

 

ビタミンCは、ご存じ美白にいい成分。1000㎎入っているので、別途ビタミンCサプリを買わずにすみますね。ビタミンPは、ビタミンcの働きを助けてくれる成分です。

パインセラは、名前から予測できるとおり、パイナップル由来。

 先にお話しした、セラミドとフィトールの力によって、白い肌へと導きます。

メラニンは、生成されたのち紫外線を浴びることで酸化して、あの茶色(-_-;)になってしまうという説があります。フィトールは、この酸化をくいとめて還元し、色素沈着をもとに戻す作用があるといいます!

 他の飲む日焼け止めより、配合量が多い分、少しだけ高いですが、その分効き目は高そうですし、ビタミンCサプリも摂っている人は、まとめてとれちゃうので、「インナーパラソル16200」は一番おすすめできます。

 ネット通販だと期間限定で、初回購入が990円と、かなりお得になっています。

 

ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス

 

f:id:honeybushtea:20170307145621p:plain

 海外産のものだと、フェーンブロックを使った「ヘリオケア」が有名ですが、最近この「ヘリオケア」から、アジア人向けに美白成分も配合した新商品が発売されました。

 もともと白人の国で生まれたサプリ、ヘリオケア。

 当然、彼らはもともと白いので、美白の必要がありません・・。肌をダメージから防御するだけでOKなのです。

 この「ヘリオケア ピュアホワイト」の成分は

 

シダ・ポリポディウム属抽出物、ザクロ抽出物/L-シスチン、HPMP、ビタミンC、ナイアシンアミド、ステアリン酸マグネシウム、二酸化チタン、食用赤色40号、食用青色1号 1カプセル当たりの成分 シダ・ポリポディウム属抽出物(Fernblock)240mg L-シスチン100mg ビタミンC40mg

1カプセルあたり、L-シスチン100㎎、ビタミンC40㎎配合です。

L-シスチンは、良く「ハイチオール」などのシミ対策サプリに配合されている「L-システイン」の分子が二つ結合したもの。

 メラニンを生成する酵素、チロシナーゼの働きを抑制して、お肌のターンオーバーを促進する作用があります。新しいシミをできにくく、古いシミを消していく作用があるってことですね。

  「ハイチオール」などのサプリには、通常システインは240㎎含まれていますので、それと比べるとやや少なめでしょうか。

 健康マニア的には、二酸化チタン、赤色40号など、人工着色料がいくつか入っているのは少し気になるところです。ヘリオケアは、カプセルが派手な色をしてるんですよね~。欧米人は、こういうキツイ色が好きなのかな??

 無着色でいいんだけど・・・。

 

ノーヴ ケア ホワイト

 

f:id:honeybushtea:20170307150306j:plain

「noUV」は日本製でフェーンブロック成分を使った数少ない日焼け止めのひとつ。

カプセルが日本人向けに小さく作られていて飲みやすいです。

 最近、美白もサポートする新商品が追加になりました。

 従来からの、PL(ポリポディウム・ロイコトモス)エキスに加えて、新たにパイナップル・フィトールや、L-シスチンなどの美白成分と、潤い成分も入りました。

「ノーヴ ケア ホワイト」の成分は

シダエキス(PLエキス末)、デキストリン、フィッシュコラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、N-アセチルグルコサミン(カニを含む)、植物プラセンタ(メロンプラセンタ)、ミルクセラミド(乳を含む)、ブライトニングパイ/HPMC、ビタミンC、結晶セルロース、ショ糖エステル、炭酸Ca、ビタミンE(大豆を含む)、L-シスチン、マリーゴールド抽出物(ルテイン含有)、トマト抽出物(リコピン含有)、ビタミンB²、ビタミンB¹²、ビタミンD、クチナシ黄色素(クロセチン含有)二酸化チタン(着色料)
・本製品に含まれる特定原材料等27品目に該当するアレルギー物質は【乳・カニ・ゼラチン・大豆】

 になっています。

 フィッシュコラーゲンやビタミンBなど、お肌のみずみずしさを保ち、皮膚を再生させるエキスも追加されています。

 

 良さそう!美白と潤いのダブル効果が得られるなんて・・とは思ったのですが、ちょっと待った方がいいかも・・・。

問い合わせたところ、「社内規定により成分量が非公表」(!)だったことです・・・。うーん、これでは本当に効きそうなのかどうか分からなくて頼りないかも・・・。 

 

一番のおススメは?

 美白作用も兼ね備えた「飲む日焼け止め」ということで、だいぶ色々な商品をチェックしてみました。これが意外と見つからなかったです。

ニュートロックスサン系の「ホワイトヴェール」「雪肌ドロップ」「ポルク」もチェックしてみました。ハーブエキスやプラセンタなどが入っているのですが、直接に色白になれる成分というわけではなさそうで、また配合量が不透明・・・(;^_^A(公表していない)ものが多いので、微妙な気がしました

 今回調べた中ではやはり「インナーパラソル16200」が美白とUVカット両方に効きそうです!

 ニュートロックスサンもばっちり配合、さらにパインセラやビタミンCも同時に含まれています。

「16200」というのは、ぜんぶの成分の配合量一か月分を足した数字ということで、それを名前に付けるほど、成分量には自信があるということでしょう。

 飲み続けて3か月後に最大効果を発揮!ということなので、今から飲めば、紫外線ギラギラになる頃にはお肌の防御力があがっているハズ。

  シミも薄くなってたらいいな♪

 

>>一番おすすめのインナーパラソル16200 for UVの詳細はこちら<<